09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--:-- スポンサー広告

出産レポ

2011/02/02
2011年2月1日
午前6時29分


体重3052グラム
身長50センチ


第二子となる元気な女の子を出産しました!




さぁ!
出産レポ行くよー!


長文だよー、生々しいよー。





31日の夕方あたりから何となく30分間隔の痛みが始まる。


でも幾度となく前駆陣痛に惑わされていたのでスルーする。
とは思いつつ、今までの前駆陣痛の痛みとは違うような…



18時頃、夕飯を食べ、ダンナチンの帰宅を待ち、風呂に入る。


ちなみに2週間前から実家(徒歩10分)に里帰りしてました。



21時頃、たまに15分間隔とかになりつつ、とりあえず息子を寝かしつける。



23時頃、おしるし。



0時、産院にtel。
「間隔が10分切ったら電話して~」と言われ様子見。



0時30分頃、5分間隔になったので、tel後、産院に向かう。



まだまだこの時は余裕で笑ったりする元気もあった。



産院に着いたらすぐお産着に着替えて内診。
子宮口は3センチ。


陣痛室に行って、ベッドに横になりウトウト…
ダンナチンもソファでウトウト…から爆睡。



3時頃からシャレにならない痛みになり、さすがにダンナチンを起こし腰をさすってもらいながら耐える…耐える…耐える…



途中、破水するも子宮口はまだ5センチ。



「あーちゃん(腹の子の名前)がんばれ…あたしがんばれ…世の中のママ達はみんな良く産んだな…こんな痛いのにみんなすごいな…」


なんて事を考えつつ、息子の時より数倍痛い陣痛に驚く。


息子の時は、声が出たりしないでひたすら「フゥ~」って息を吐いて耐えてたけど、
今回は「あぁー!痛いよぉー!うぅー!」とか大声が出てしまう。


とても耐えられない痛みでホントにおかしくなりそう。



5時半の内診で、「今7センチまであいてるから、6時にもう1回内診しようね」と言われ、
そっから数分おきに「(6時まで)あと何分」とダンナチンに聞く。


間隔は1分~2分で、睡眠不足もあいまってもうこれが夢の中なのか現実なのか分からない。


「アタシ今何やってるんだろ、なんでこんな痛いの?助けて!」とワケの分からない事を考える。




待ちに待った6時の内診で子宮口全開に。


「分娩室まで歩ける?車椅子持って来ようか?」と聞かれ、即答で「車椅子!」と答えるアタシ。


歩けるかボケ!と心の中で毒づく。



ここでいきみを我慢出来なくなってしまい、自分ではコントロール出来なくて陣痛室でいきんでしまう。


頭が出たような感覚があって、「いきんじゃだめ!」と助産師さんに怒られ、オマタを思いっ切り押さえてもらう。



急いで分娩室に行き、点滴をして、お産の体勢に…



のはずが点滴が刺さらない!


新人なのか、下手なのか、助産師がうまく刺してくれない。
先輩助産師もイラついてる。


先輩助産婦はあたしがいきまないようにオマタを必死で押さえてるので手が離せない状態。



ブスブス何回も刺されながらもなんとか無理矢理刺して、先生も登場し、いよいよお産!



ダンナチンはうちわで汗だくのあたしをあおいでくれてたんだけど、その姿を横目で見て、
「お前は焼鳥屋で、あたしは焼鳥かよ」
と突っ込みたくなるものの、もうシカト。


つか、よそ見しながらあおいでるから、風あたしに当たってないしね。





そして、2、3回いきんで、ニュルルンと赤子誕生!!



経産婦はいきむ力がハンパないらしいので、オマタも裂けましたトホホ。



ってか、痛すぎていい体勢でいきめなかったんだよね…
のけ反りまくっちゃったよ…
(ホントは腰を落としてアゴを引かなきゃいかんのです)




少し処置をして元気な泣き声をあげた我が子をお腹の上に乗せられ、それを見て感動の涙を流す…




ワケではなく、かすれた声でダンナチンに、



「ビ、ビデオ撮って…」と言いましたテヘ。




今回は号泣すると思ってたんだけど、
あまりに痛かったのでそれから解放されたスッキリ感の方が強くてねー。


直後にはもうヘラヘラ笑ってました。



そしてビックリしたのが出産直後に、
助産師さんが「見て見てー立派な胎盤だよ~」と言って出てきた胎盤を持ち上げて見せてくれた事。


「これが羊水と赤ちゃんを包んでた膜で、これが胎盤で、これが臍の緒~」と。



あたしは血とか見るのは平気なタイプなんだけど、
そういうのが苦手なダンナチンはドン引きしたらしい。
生臭いにおいまでしたんだってよ。


プルプルしたいかにもレバーな感じで、両手で持ち切れないぐらいでかかったよー。


でも「あぁこれで繋がってたんだぁ」となんか感動したなー。



世の中胎盤食べる人もいるしね!
すごい栄養価高いんだって!
人間以外の動物はみんな食べるんだってさー。



まぁあたしは何億つまれても食べませんが。





そんな感じで、怒涛の出産を終え、
きれいにおくるみにくるまれた赤ちゃんとちょっと一緒にゴロゴロ。



出産からしばらくの間、赤ちゃんが低体温になっちゃってなかなか抱っこできなかったり、


「副耳(ふくじ)」という耳にできる小さなイボが見つかったり(そんな気にしなくていいらしい)、ちょっと心配だったけど、大きな問題はなく赤ちゃんは元気。




そして、8時頃に病室に移動。




そしてソッコー出された朝食をガツ食いし、ちょっと寝て、
また昼食をガッツリ食べて、ダラダラ過ごして出産当日を終えましたとさ。




ホントにもう妊娠出産は最後にしたいと心の底から思ってるし、
もし万が一次があるとしても絶対無痛分娩にする。


(注・息子を産んだ時も同じ事言いましたタハー)



でもね、この産院、今春から無痛分娩開始すんだって。
おしい!一歩およばず!




まぁとにかく妊娠出産はもうコリゴリだよ。




そんなこんなでぇ~…



脱ニンプ、イエーイ!!!!



ホントに辛いニンプ生活でしたが、
これから二児のハハとしてダラダラと頑張りまーす。


まずは崩れまくった体型と体重をなんとかしまーす。
母乳パゥワーに頼りまくらないと…




ちなみに妊娠中は14キロ太りました。
ダメだこりゃ。








ひゃー、長くなっちゃったな。


まだまだ書き足りないんだけど(息子の事とか)、とりあえず出産レポはここまでー。


お疲れさまでしたん。




スポンサーサイト
00:00 出産(2人目)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。